現代社会の仕事とストレス事情

現代社会の仕事とストレス事情

ストレス社会といわれているのが現代社会です。ストレスを仕事でまったく感じないという人はたぶん一人もいないといえるでしょう。

 

総理府の調査によれば、半数以上の人が、精神的疲労やストレスを感じているといいます。とくに多いのが20代後半の女性の場合で、7割以上の人がストレスを感じているといいます。

 

そのほか残りの人でも、ストレスが全然ないというわけではありません。自分がくたびれている事さえ、あまりにも仕事が忙しすぎて気づいていないだけということもあり得ます。

 

専任の心理カウンセラーが大手企業の社内にはいることがあり、ストレスを仕事上の悩みを相談することで緩和できるようになっているという会社もあります。

 

ストレスなんて溜まっていないという人の方が仕事を頑張りすぎて、ある日突然大きな病気にかかってしまうことも十分に考えられることです。

 

責任感が強く、一生懸命に仕事をする人ほどストレスにさらされている傾向があります。

 

自分のストレスに早く気づいて、いつも真面目に仕事を頑張る人ほど、少しでも解消することが必要でしょう。

 

案外上手にストレスがかからないように調整しているのは、適当に休みをとったり仕事をペースダウンしたりしているストレスが溜まると弱音を吐いてばかりいる人の方かもしれません。

 

仕事を頑張りすぎないで、肩の力を少し抜いてリラックスしてみるのも必要なことなのです。

現代社会の仕事とストレス事情関連ページ

仕事でのストレスについて
仕事とストレス解消

おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ