仕事でのストレスについて

仕事でのストレスについて

どのくらい多くの人が、仕事でストレスを感じているのでしょうか。

 

仕事に関するストレスを調べた調査機関の報告によると、ストレスの原因は仕事の人間関係が一番多く3割以上になっています。

 

いちばん多いメンタルヘルスを低下させる原因は、会社でのコミュニケーションが減っていることであり、2割程度が仕事の問題によるストレスだそうです。

 

決して多くないのが、ストレスと聞いてきちんと説明できる人ではないでしょうか。医学的に説明すると、何らかの刺激が体に加えられたことによって、体が示したゆがみや変調の事をストレスといいます。

 

ゴムボールを指で押すと、ボールは歪んだ状態になります。これがストレスです。いつも押さえつけていたらボールは歪んだままです。

 

同じことは体にも言えます。何らかの刺激がいつも与えられていると、体はストレスを感じてしまいます。

 

体はストレスを感じていることが、たとえ仕事上でストレスを感じているという実感が無くてもあり得ることなのです。

 

仕事上でストレスを感じているいちばん多い年齢層は30代であり、ストレスを感じる割合でトップだった役職別は、中間管理職である課長ということがわかっています。

 

最近増えているのが、仕事上の責任が不景気の影響による人員削減で、おもくなってきたことにより、ストレスを感じる人たちです。

 

元気に仕事を続けていただくためにも、体に悪い影響が出る前に、ストレス解消方法を見つけていくことが大切です。

仕事でのストレスについて関連ページ

現代社会の仕事とストレス事情
仕事とストレス解消

おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ