転職を考える年齢

転職を考える年齢

30代半ばを過ぎると転職を考える人が多くなるようですが、求人数との割合はどうでしょう。

 

長い間働いているのに評価がアップしない、実績も経験も積んでいるのに活かされないなどの不満を抱く人は多いようです。

 

多くの場合は、今よりより良い労働環境や労働条件を目指して転職活動をするという人が多いようです。

 

しかし、転職をしたことで収入が増えたという人は30%程度です。また、転職をしたことで40%が収入が下がったという話もあるようです。

 

長引く不況の影響からか転職をすることでの大幅な年収アップはなかなか見込めないといった傾向があります。

 

転職した直後ではないものの、長い目で見れば収入が増えるということもあります。

 

求められる職務内容と自分の能力をトータルで考えた上で、転職後に評価が上がるだろうと転職を決める方もいます。

 

転職する理由がプライベートを充実させたいという場合もあるでしょう。転職をして良かったと思えるようになるには、勤務時間や待遇、職務内容など仕事に求めるものを見極めておくことが重要なことです。

 

人それぞれかもしれませんが、男性は特に家族の理解の有無で転職活動がスムーズかが違います。黙っての転職は後々のトラブルになりかねません。

 

女性は男性に比べると年齢に関係なく、自分自身が良いと思えば転職を決める傾向にあるようです。

 

転職といっても人によって状況は色々です。同業他社への転職や、これまで縁がなかった業種への転職など、求人も多様化しているようです。

転職を考える年齢関連ページ

転職と年齢の関係
年齢に関係の無い転職

おススメ! リンク 運営者情報 お問い合わせ